勃起障害の自覚症状の割合

勃起障害の自覚症状を明確に感じている日本人男性の割合ですが、およそ4人に1、3人に1人が性機能に不安を感じています。
分野が分野だけに厳格な数値がデータ化されていませんが、専門家の地道な検査とアンケート調査によってその25パーセントから30パーセント程の成人男性が勃起障害の自覚症状を抱きながら生活している事が判明しました。

自覚症状を持ちながらも、多くの成人男性が医療機関に行く事を躊躇っている実情もあります。
その理由として考えられるのが、まず診察を受けるのが恥ずかしい点です。
女性の看護師に下半身を見られてしまうのではないか、夫婦生活やセックスに関して根掘り葉掘り質問されるのが非常に恥ずかしい、こういった不安から診察をやめてしまう方々がいます。
基本的にメンズクリニックでは男性の専門家がカウンセリングを担当します。
ある程度、性生活や勃起力に関する質問は行われますが、ペニスを他人に見せたり、触診される事はありません。

高頻度で勃起障害が現れる男性は中等ED以上の段階になっている恐れが高いです。
勃起障害は時間経過と共に改善する病気ではありませんので、専門医による心理的なケア、あるいはED治療薬による解消を進めた方が健康的でしょう。

また軽度な勃起障害の自覚症状として挙げられるのが、早漏や勃起力の低下、ペニスの持久力低下です。
ペニスが完全に立たなくなる状況だけが勃起障害ではなく、頻度が低くてもセックスに支障をきたす体調不調があれば、広義の勃起障害となりますので、気になる方は早めに治療しなければいけません。
勃起障害はセックスレスや不妊、夫婦仲の悪化に繋がる体調不調ですので、
確かに命に別状がある問題ではありませんが、早めに治療しておき、性生活の障害をなくした方が男女双方にとって利益が生まれます。

☆勃起障害を自覚したなら薬で治療
ED治療薬
☆勃起障害を治すならジェネリック医薬品のこの薬がおすすめ
カマグラについて